復縁したいと思わせる別れた後のメール

復縁したいと思わせる別れた後のメール

 

 

復縁を希望している場合、

なにかしらの変化をしなければなりません。

同じことをくりかえしていても、前には進めないからです。

 

では、何から変化すればいいのでしょうか。
簡単な方法としては、連絡を取る頻度を、
今までと変えてみることです。

 

まずは、今までと現在の状況を比較してみましょう。

 

メールの送り方を例に挙げてみます。

 

恋人としてのメールと、
恋人以外のメールの内容は、けっこう違うものです。
相手が恋人だと、意識していなくても
甘えるような気持ちや、気軽さが送る内容に込められています。

 

回数についてもそう。
恋人同士ならば、一日に何度もメールしていても苦になりません。

他愛もないことですら楽しさに変えてしまえる、それが恋人たちの特権。

 

友達とのメールのやり取りだとどうでしょうか。
必要なときだけ、
それも用件が中心だったりするのではありませんか。

 

復縁を望んでいるということは
現在、恋人という間柄ではないということ。
それが、一時的なものだとしても、
相手の認識としては、
友達レベルか、それ以外というグループに入っていることを
覚えておいてください。

 

比較をしてみると、
これまでと、現在の立ち位置がだいぶ違うことに気付くでしょう。

 

もちろん、相手は、
友達というよりは、特別な存在として意識していることは確実
けれども、それに甘えてしまうと復縁への道は遠ざかってしまいます。

 

それを踏まえたうえで
復縁のために動き出すことをおすすめします。

 

メールを送るとしたら
1か月に1度ほどのスパンで。
返事がこなかったとしても、催促をするのはいけません
また1か月ほどたってから、改めて送るようにしましょう。

 

内容についても、確実に返事を求めているようなものは、
控えるようにしましょう。
「?」で終わる文章などは、相手にとってプレッシャーがかってしまい
マイナスなイメージを与えてしまいます。

身近な話題、もしくは楽しいものがベター。

 

返事がすぐに来なくても気長に待ちましょう。

 

大事なのは変化を感じてもらうこと。
恋人同士だった頃は当たり前だったメールのやりとりが
別れた途端に、ぴたりと無くなってしまったことを実感してもらうことです。