復縁における別れた後の冷却期間の意味

復縁における別れた後の冷却期間の意味

 

 

恋人としての期間が終わりをつげると、
恋人だった頃よりも相手と連絡を取りたいと思うものです。

 

今、なにをしているのだろう、誰と一緒にいるのかな、
自分のことは、もう過去のものになっちゃったんだろうか、
などと考えてしまいがち。
不安がつのるたびに、メールや電話をしようかと迷ったことは数知れず。

 

焦る気持ちは、よくわかります。
何かしていないと、落ち着いていられない状態も。

 

自分の心の中にある、「好き」という感情を出してしまいたい、
相手の心にもちゃんと伝えたい、
抱えきれなくなった思いが、あふれそうになっている状況を変えたいと
あなたは願っているのだと思います。

 

けれども連絡をとるのは、避けてください。
メールも、電話も、直接会うことも。

 

なぜなら
相手は、連絡をとることを望んでいないからです。

 

望んでいないことをすれば、もっと距離をおかれてしまうでしょう。

 

気持ちを伝える手段ではなく、
日常的な内容だったとしても、連絡は避けるべき。
相手にとって、内容についてはあまり関係がないからです。

 

別れたばかりの恋人からの連絡がきたと分かったとき、
受け取った相手は、きっと気持ちが沈んでしまいます
どうして? という思いがひとつ。
そして、あなたの気持ちを知っているからこそ、心が痛い、という思い。

 

相手が、あまりにも負担だと感じてしまったら、
着信を完全に拒否するという態度をとることだってありえます。
そうなったら、復縁という希望が遠ざかる結果になるのです。

 

焦る気持ちがあるからといって、絶えず連絡をするのは
相手を傷つけることを知っておいてください。

復縁を望むうえで、プラスにはならないことなので、
きっぱりとやめましょう。

 

そして、冷却期間をおいてみてください。

 

冷却期間についてもっと知りたいなら復縁マニュアルはどうでしょうか?
復縁マニュアル・復縁方法
ぽっかりとできた、その時間にやってみてほしいことがあります。
それは、過去を振り返ること。
自分が悪かったことはなかっただろうか、
相手に嫌がられていたことは何だっただろうか、
そういった視点で、ふたりの思い出を検索してみるのです。

 

反省をすることは、未来の自分にとってパワーの源となります。

 

復縁が成功した場合、
この時の反省した内容は、きっと役に立ちます。
相手にも、成長したな、変わったな、と感じてもらえるかもしれません。

 

愛情は、連絡を取り合うことでのみ育つのではないのです。
自分が変わることで、育つ愛情だってあります。

 

焦りを感じたときこそ自分の内側を成長させるチャンス。

 

そのチャンスを活かして、ぜひ、復縁を成し遂げてください。