振られても喧嘩別れでも復縁

振られても喧嘩別れでも復縁

 

 

別れたときの状況や理由によって、復縁をするためのプロセスや方法が異なります。
いくつかのパターンを紹介いたします。
ぴったりと当てはまらないかもしれませんが、
自分の場合がどんなパターンなのか分析しながら読んでみてください。

 

自然消滅のパターン


 難易度


  とりあえず連絡をしてみること
  別れたかどうか、まだ明確になっていないので、
  まずは連絡をしてみてから様子を見ます。
  もしかしたら、ただいそがしかっただけなのかもしれません。
  自分ひとりで想像をふくらませるのは、やめておきましょう。
  悩んで、不安になって、そしてそのままの感情を相手にぶつ  けてしまったら、
  そのまま別れるパターンにつながってしまいます。
  自然消滅の場合は、相手もなんとなく気にしているもの。
  連絡がとれた後、しっかりと話し合う機会をもうけるのが一   番いいです。

 

ケンカ別れのパターン


 難易度


  まずは冷静さが肝心
  ケンカをしたということは、それなりの理由があったはず。
  それをよく考え、どう対処するのかをだいたい決めましょう。
  思い出すたびに、怒りがわき上がってくるのでしたら、
  考えるのはやめて、しばらく時間がたつのを待ちます。
  気持ちが落ち着いたら連絡をとりますが、
  自分の方から、悪かったと謝ることも視野にいれておくのが  いいかも。

 

 

相手に好きな人がいるパターン


難易度


  復縁する確率が低めなことを、まず知っておいてくださ    い。
  しばらくは相手の関心がこちらに向かないことを承知の上で
  近くにいることです。
  友達として側にいることで、チャンスをうかがいます。
  これは、ツライことかもしれません。
  気持ちを隠して、好きな人と接するのですから。
  決めるのは、自分自身です。
  時間はかかる道でしょうが、自分を磨きながら待ってみてく   ださい。

 

結婚する直前で別れたパターン


 難易度


  原因をつきとめるのが一番の解決策です。
  結婚を決めたきっかけまで思い出すといいかもしれません。
  適齢期だから、長く付き合ってきたから、
  惰性的な流れで結婚を決めていたのなら、そこに問題があ  るのかも。
  また、将来について深く考えすぎた結果、
  別れることになったパターンもあります。
  人生に、完全に安心だとか、絶対安泰などはありません。
  この人となら一緒に生きていける、そう思えたならば、
  復縁の可能性は大きいといえるでしょう。